Speakeasy‎ > ‎

第二十六夜

2019/12/16 3:52 に element golf が投稿   [ 2019/12/16 4:45 に更新しました ]



第一夜        2012/03/27

第二夜                 03/30

第三夜                 04/02

第四夜                 04/16

第五夜                 04/19

第六夜                 05/05

第七夜                 05/27

第八夜                 06/16

第九夜                 06/20

第十夜                 08/17

第十一夜             10/29

第十二夜             12/17

第十三夜     2013/02/27

第十四夜              08/15

第十五夜              12/31

第十六夜     2014/03/11

第十七夜              09/21

第十八夜     2015/03/11

第十九夜              06/15

第二十夜     2016/01/07

第二十一夜          03/11

第二十二夜          05/08

第二十三夜          12/29

第二十四夜 2017/03/16

第二十五夜          05/25

第二十六夜          08/07

第二十七夜          08/13

第二十八夜          12/01

第二十九夜          12/30

第三十夜     2018/03/13

第三十一夜          05/01

第三十二夜          09/29

第三十三夜          10/04

第三十四夜          11/16

第三十五夜          12/30

第三十六夜 2019/05/28


 

妄想膨らむ熱帯夜


随分と懐かしいウェッジのリシャフト作業が入りました。
若い初心者の方が中古で探して来られたクラブのリシャフト・調整の中の1本です。

一昔前に一世を風靡した、「あー、使ってたなぁ・・」と思わずつぶやいてしまうヘッドですね。

既にリシャフト品ですが、一瞥しただけで丁寧な仕事がなされているとわかります。




グリップは真っ直ぐに装着されて、ソケットも純正を上手に再利用、ロフト・ライ角もピッタリ58度/63.5度、このような中古を見るとやはり嬉しくなってしまいます。
今回はダイナミックゴールドにリシャフトして手の大きな方ですから、グリップ下巻き極太、ヘッドに鉛ベタベタの予定です。

シャフトやピンクのリボンシールなどから女性が使用されていたと思われますが、恐らくはご主人が奥様の為にご自分のヘッドを、具合の良いようにリシャフトされたのでしょう、良いご夫婦だなぁ、と妄想がどんどん膨らんで行きます。

でも全然違ってたらどうしよう・・まさか男性が使っていたなんて事も、でもピンクのシールもあるし・・などど更に妄想は膨らみ、熱帯夜の晩酌がますます進んでしまいます。