Speakeasy‎ > ‎

第二十三夜

2019/12/16 3:47 に element golf が投稿   [ 2019/12/16 5:03 に更新しました ]



第一夜        2012/03/27

第二夜                 03/30

第三夜                 04/02

第四夜                 04/16

第五夜                 04/19

第六夜                 05/05

第七夜                 05/27

第八夜                 06/16

第九夜                 06/20

第十夜                 08/17

第十一夜             10/29

第十二夜             12/17

第十三夜     2013/02/27

第十四夜              08/15

第十五夜              12/31

第十六夜     2014/03/11

第十七夜              09/21

第十八夜     2015/03/11

第十九夜              06/15

第二十夜     2016/01/07

第二十一夜          03/11

第二十二夜          05/08

第二十三夜          12/29

第二十四夜 2017/03/16

第二十五夜          05/25

第二十六夜          08/07

第二十七夜          08/13

第二十八夜          12/01

第二十九夜          12/30

第三十夜     2018/03/13

第三十一夜          05/01

第三十二夜          09/29

第三十三夜          10/04

第三十四夜          11/16

第三十五夜          12/30

第三十六夜 2019/05/28


LESSON!

ニワトリが先か卵が先か、と言ったお話ではなく・・

量販店ではなくゴルフ工房にわざわざ出向かれる方々は一様に、程度の差こそあれゴルフに対して真摯に、ストイックに向き合っておられるのでしょう。

仕事柄、生活環境から自由な時間がままならず、「少ない練習量ながら少しでも良いゴルフができるよう・・」との作業依頼も多いのですが、それでも皆さんに共通するキーワードは“ I LOVE GOLF !!“であり、そうでなければ工房通いは無駄な出費でしかありませんし、量販店などではタブーとされている「面白くない一言」なども時には投げかけられてしまうこともある訳ですから、長いお付き合いにはなり得ないのだと思います。

ゴルフが上手くなりたい、でもどこまで?
プロを目指す、シングルになりたい、早く100を切りたい、目標は様々でアプローチも様々です。
レッスンを受けますか? 一人で頑張りますか?

およそ幼少の頃から、生活全般を通して自己完結で全てを上手く運んで来られた方は、恐らくゴルフを始めるにあたっては「自分で考えて、頑張ってみる・みたい」のではないでしょうか。
その結果得られる、何物にも代えがたい達成感と満足感を知っておられる方々ですね。
でも満足な結果が得られない場合はどうなのでしょう。

  ①  →諦めてレッスンに通う

  ②  →結果が出るまで更に頑張る

経済的事情や時間的制約などの事情もありますが、いきなり①へステップされる方はまれで、② を経て① のパターンが一般的だと思います。それでもずっと② のままでゴルフ人生を終えられるかたも少なくはないはずで、良い悪いの話しではなくゴルフに対する接し方の違いですから、御自身の尺度で考えて行かれればそれで良いはずです。

ご来場される方々からの「ゴルフ歴はそこそこ長く、練習量も多いけれど、それでも全く上達の兆しが無い」と言ったお悩みは、恐らくはゴルフ工房調べの相談事ランキングでは堂々の上位入賞なのではないでしょうか。

しかも②のパターンの方の悩みは本当に深刻です。

  ①   の方の解決方法はシンプルで、言及するまでもないでしょう。

頭では分かっちゃいるけど・・人間はそのような生き物です。
これが正解なのかどうか、あくまで店主の戯言だと思って聞いて頂きたいのですが、ゴルフに限らず、ビジネスや何事に於いても成功への過程で時間を無駄に消費している方々に共通して欠けている部分は「大きく変える勇気」なのではないでしょうか。
「継続は力なり」これも大事な要素ですが、正しい道筋があってこそ活きてくるのだと思います。

自己流で、クラブも自前の中古で頑張って来たものの一向に上手くならない、ついには行ったことのない敷居も料金も高そうなゴルフ工房に「勇気をもって」訪ねてみた、そうです、変わろうと一歩踏み出せているのですが・・

ネット環境の普及に伴い、誰もが簡単により早く様々な情報や知識を垣間見ることが出来る時代です。
一昔前ならそれこそ一日掛けて蔵書を広げて格闘していた事柄が、12クリックで目の前に現れるという夢のような時代です。
ゴルフについてもご多分に洩れず、様々な情報が巷に溢れ返っているようで、「このヘッドとあのシャフトの相性は抜群!」「新製品のA社のシャフトは・・」等など、良く目にするお題目ではないでしょうか。
店主はそもそも、ヘッドとシャフトの相性などは無いと思っていますし、その新製品のシャフトは貴方が打った訳ではないのですから参考にはなり得ないとも考えています。
相性は貴方とシャフト・ヘッドとの問題であり、それぞれの特性に影響を与えあっていくものですから、この手のお題目にはあまり関心がありません。
パーツ単体での構造や開発への取り組みなどの情報は大好物です。

スライスするから先調子、球が高いから立ったロフト、そのH/SならXで、重心距離が・・
氾濫する情報と先入観が貴方のクラブ選択の障害になっているのかもしれません。
これはスイングにも当てはまるような気がします。(店主はスイングのプロではありませんので誤解なきよう)
捉まえたいからインサイドアウト、腰から?ローテーションは・・

長年頑張ってきたそのクラブとスイングで結果が出ていないと言う事実があるのであれば、思い切って、真逆とは言いませんが(ゴルフに於いては意外と真逆が功を奏する場合が多いのも事実ですが)大きく変えてみる勇気が必要なのではないでしょうか。

ゴルフ屋に行くと「まずはクラブ!」でレッスンに行くと「まずはスイング!」と言い切る方も多いのですが、最低限、きちんと整備されたクラブで“ゴルフが本当に大好きな”プロからレッスンを受けていただくのが正解だと結論付けさせてください。

それでもやはり、雑誌やDVDやネットなどの情報を基に、もしくは自分で試行錯誤しながら頑張るからこそ面白い!と思われる方はそれで良いと思うのです。
店主もどちらかと言えばその類の人間ですから気持は理解できますし、何らかの形でお力になれると思います。
でも・・コースからの帰り道、車中で悔しくて情けなくて泣いてしまうような方は是非一度、門を叩いて一歩踏み出して見られることをお勧めさせていただきます。

当店は風光明媚な愛知県日進市という名古屋市の東隣に位置しています。
そして当店よりほど近い場所に何と昭和49年!創業のゴルフ練習場「エトワス」があり、古くから地元のゴルフ好きの方々で賑わっています。
夜も遅くまで営業されていますから、真っ暗な田舎道でさながらイルミネーションのようにライトアップされた施設は遠くからでも良く分かるほどです。
練習場としては決して距離が長い方ではないのですが、その分充実した設備とレッスン環境があり、好評を博しています。
トーナメントプロ、A級ティーチングプロ、ジュニアレッスン、初心者・女性レッスン、まだまだあります、雑巾王子、フォーカストレーニング、4スタンス理論、フィットネスまでこちらで全て事足りてしまう勢いです。
選択型、というこれからのゴルフ練習場の近未来像なのかもしれません。
お近くにお越しの際には、また何かのキーワードにピン!と来られた方は是非一度お立ち寄りください。
その際にはこちらの日進名物?GD誌でも有名なアンサー博士(マニア?)が爽やかな笑顔で出迎えてくれることでしょう。

PGA ティーチングプロ A級 早川佳智プロ

 

2016年の営業も本日をもちまして終了とさせていただきます。
今年はどんな年だったでしょうか?
充実のゴルフライフに貢献できたのでしょうか?
何か不備はなかったのか?
など、今年ご来場いただいた方々の顔を思い浮かべながら、最後の納品分を無事に仕上げて後、執筆しております。
ちなみに本年最後の納品はこちらの全身真っ黒のアイアンセットです。
特徴的なパーツが多かった今年を象徴するかのような1セットになりましたね。

EPON 2016 Personal × FUJIKURA MCI BLACK × EPON ES GRIP M60X

今年も沢山の方々にご来場いただき、本当に有り難うございました。
色々と至らない点も多々ありながらも何とか無事に2016年を終えることが出来ました。
来年も皆様のゴルフライフの更なる飛躍を心より願っております。
どうぞ皆様、素晴らしい新年をお迎え下さいませ!

 

20161229

新年の納品を待ちわびているクラブ&パーツ達。


年内の納品に間に合わなかった皆様、申し訳ございませんでした・・