Speakeasy‎ > ‎

第二十一夜

2019/12/16 3:44 に element golf が投稿   [ 2019/12/16 5:02 に更新しました ]



第一夜        2012/03/27

第二夜                 03/30

第三夜                 04/02

第四夜                 04/16

第五夜                 04/19

第六夜                 05/05

第七夜                 05/27

第八夜                 06/16

第九夜                 06/20

第十夜                 08/17

第十一夜             10/29

第十二夜             12/17

第十三夜     2013/02/27

第十四夜              08/15

第十五夜              12/31

第十六夜     2014/03/11

第十七夜              09/21

第十八夜     2015/03/11

第十九夜              06/15

第二十夜     2016/01/07

第二十一夜          03/11

第二十二夜          05/08

第二十三夜          12/29

第二十四夜 2017/03/16

第二十五夜          05/25

第二十六夜          08/07

第二十七夜          08/13

第二十八夜          12/01

第二十九夜          12/30

第三十夜     2018/03/13

第三十一夜          05/01

第三十二夜          09/29

第三十三夜          10/04

第三十四夜          11/16

第三十五夜          12/30

第三十六夜 2019/05/28


 

はや5年・・

2016311日、もう5年が経ってしまいました。

阪神淡路大震災では5年程で仮設住宅が著しく減っていった記憶があります。

東日本大震災の復興状況ををそれと比較してなぞらえることは、その災害規模や取り巻く環境の大きな違いから無意味なことだと分かっているのですが、スピード復興とされている阪神淡路大震災のそれでも仮設住宅での暮らしは想像以上に辛いものであったことでしょう。

何をもって復興なのか?と問われると、震災前の状態には決して戻らない事象が多すぎて何とも悲しい気持ちになるのですが、それでもしっかりと前を向いて歩んでおられる(歩んでいかなければならない)方も沢山おられるはずです。

復興事業に携わっておられる方々、そして被災地の皆さん、少しづづですが暖かくなって来ましたがまだまだ寒暖を繰り返しています。

どうぞご自愛ください。