Speakeasy‎ > ‎

第三夜

2019/12/15 17:52 に element golf が投稿   [ 2019/12/31 8:45 に更新しました ]



第一夜        2012/03/27

第二夜                 03/30

第三夜                 04/02

第四夜                 04/16

第五夜                 04/19

第六夜                 05/05

第七夜                 05/27

第八夜                 06/16

第九夜                 06/20

第十夜                 08/17

第十一夜             10/29

第十二夜             12/17

第十三夜     2013/02/27

第十四夜              08/15

第十五夜              12/31

第十六夜     2014/03/11

第十七夜              09/21

第十八夜     2015/03/11

第十九夜              06/15

第二十夜     2016/01/07

第二十一夜          03/11

第二十二夜          05/08

第二十三夜          12/29

第二十四夜 2017/03/16

第二十五夜          05/25

第二十六夜          08/07

第二十七夜          08/13

第二十八夜          12/01

第二十九夜          12/30

第三十夜     2018/03/13

第三十一夜          05/01

第三十二夜          09/29

第三十三夜          10/04

第三十四夜          11/16

第三十五夜          12/30

第三十六夜 2019/05/28

第三十七夜 2019/12/31


チューンアップ②


測定結果です。
過去、多数の計測作業を行った経験からですとかなり良い方です。
この段階でいつも思うことは、このアイアンがひと括りのセットとしてある程度、見栄え良く仕上がるだろうか?です。


アングル調整(ロフト・ライ角)の結果、必然的に動いてしまう数値があります。
ロフト・ライ角を適正値に調整した場合、その他各数値は番手なりにフローしていくでしょうか?
今回のアイアンセットは、ホーゼル内に誰が組み立ててもほぼ真っ直ぐにシャフトを装着出来るように補助的な部材が見受けられました。
ある意味、消費者に対して良い製品を提供しようとする姿勢の表れと考えたいですね。
故に、シャフトは軸が振られることなくほぼ真っ直ぐに装着されていましたので(ヘッド固有のスペックは測定結果から大きくぶれない)、この段階で仕上がりの状態は自ずと予測がつきます。
と、いろいろと思いを巡らせながらお客様との再度のヒアリングを行います。


計測結果をお客様にお伝えするときはいつも申し訳ないような気持ちになります。
思わず身構えてしまうことも?
今回のお客様には「想像していたより良かった!」とのお言葉をいただき、当方としてもありがたく、これからの作業方針をたっぷりとお話させていただきました。
結果、具材はすべてそのまま再利用での「STAGE1チューンアップ」の依頼をいただきました。
ただし、シャフトの曲がり検査の結果によっては新しいものに交換していただくことをご了承いただき、本数が多い場合は作業を中断してご連絡を差し上げる、現物を確認いただく、ということで再度ご来場いただくことになりました。

つづく..