Speakeasy‎ > ‎

第一夜

2019/12/15 17:06 に element golf が投稿   [ 2019/12/31 8:44 に更新しました ]



第一夜        2012/03/27

第二夜                 03/30

第三夜                 04/02

第四夜                 04/16

第五夜                 04/19

第六夜                 05/05

第七夜                 05/27

第八夜                 06/16

第九夜                 06/20

第十夜                 08/17

第十一夜             10/29

第十二夜             12/17

第十三夜     2013/02/27

第十四夜              08/15

第十五夜              12/31

第十六夜     2014/03/11

第十七夜              09/21

第十八夜     2015/03/11

第十九夜              06/15

第二十夜     2016/01/07

第二十一夜          03/11

第二十二夜          05/08

第二十三夜          12/29

第二十四夜 2017/03/16

第二十五夜          05/25

第二十六夜          08/07

第二十七夜          08/13

第二十八夜          12/01

第二十九夜          12/30

第三十夜     2018/03/13

第三十一夜          05/01

第三十二夜          09/29

第三十三夜          10/04

第三十四夜          11/16

第三十五夜          12/30

第三十六夜 2019/05/28

第三十七夜 2019/12/31


始まりの時

2012年3月20日に念願の工房をオープンさせていただきました。
オープン初日に、どこの誰とも分からない店主の工房にわざわざご来場いただきました方々のお顔は一生忘れることは出来ません。
この場を借りて御礼申し上げます。
試打席の工事が遅れ、ガラーンとした店内にさぞやびっくりされたことでしょう。
その試打席も今月末に出来上がる予定です。
そして、試打クラブの準備もほぼ整っており、
4月には万全の態勢で皆様をお迎えさせていただけると思います。

この仕事を私自身は、舞台における“黒子”のようなものだと考えています。
裏から舞台を支え、迷えば導き、役者は輝ける、と言ったところでしょうか。
その為には“クリニック”的な要素も必要となります。
つまりは最高の測定機器で役者1人1人のカルテを作成し、現状のクラブの状態を常に把握し、例えクラブが変わっても、技量が変わってもベストな状態を保つ為の作業が必要です。

HP上に明記しています“理性と感性の融合”ですが、プレーヤーは感性・感覚のままに、小難しい用語を並べることなく希望される内容や不満をぶつけていただきたいのです。
ヒアリングを経て、裏方として粛々と現状を数値化したのちに打開策を、時にはバッサリとご提案させていただきます。
ご自身のクラブを測定、または調整されたことの無い方には驚きの結果が待っていることでしょう。

いかがでしょうか?
まずはご自身の“相棒”はいったいどのような素性の人物なのかを把握すべく、ご来場をお待ちしております。